現役の薬剤師が体験した一番稼げる仕事

ネット通販で薬剤の販売をスタート

さらに卒業した大学の卒業証明書と身分証・戸籍謄本も要るので、書類を手配するには若干の時間が掛かりました。
ネット通販で薬剤の販売を初めて5年目になりますが、年商は約1,500万円です。
この金額は大学病院の薬剤部で働いたり、調剤薬局の店員では到底稼げない金額だと自負しています。
年商なので実質の手取りは約1,200万円になりますが、それでも40歳前の薬剤師が手にする年収では非常に多い方でしょう。
これほどの年収を手にしているのには理由があります。
その理由とは、販売してる薬剤を最小限に抑えつつ、需要があって単価が高いものに限定しているからです。
一般的にお薬を手に入れる場合は薬局に足を運ぶか、病院を受診されることでしょう。
これは風邪薬や怪我をした際の塗布薬を求めるときであり、病気または怪我という目に見える身体の異変を感じている方です。
ではどういった方がネット通販で薬を買い求めるのかというと、性病・避妊薬・精力増強といったあまり他人に知られたくない効果を薬から得たいという方です。
僕はこの方々に向けた薬を専門に扱っており、年間約1,000件もの依頼にひとりで応えています。

薬剤師って医療技術系の中では一番稼げるよね……。金額だけみると、薬剤師になっときゃよかったかな〜って思う。…化学できないのに、

— nyanko (@nyanko301) February 22, 2011

薬科大学を卒業後、薬剤師になるネット通販で薬剤の販売をスタート薬剤師で一番稼げる方法